すべて賭けた男の記録


by ept1pk6gje
 自民党の大島幹事長は31日午前、党本部で舛添要一・前厚生労働相と会談し、参院選に向けた党運営などについて協議した。

 舛添氏が「人事、政策、組織の面で、(参院選に)勝てる体制にしないといけない」と述べたのに対し、大島氏は「選挙は舛添氏も、すべての議員も一丸となってやらねばならない。そういう体制を作ることが必要だ」と述べ、協力を求めた。

医療紛争の裁判外解決で初会合=ADR機関が情報交換−厚労省(時事通信)
15歳少年、母刺す=殺人未遂容疑で逮捕−京都府警(時事通信)
ツイッターで拉致問題関心喚起=「意見広告7人の会」が1日から(時事通信)
西村氏「命懸けで頑張る」…国民新党比例代表候補正式発表(スポーツ報知)
自民同士で神経戦!? 参院千葉に出馬予定の猪口、椎名両氏(産経新聞)
[PR]
# by ept1pk6gje | 2010-04-02 14:34
 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件を受け、国は輸入食品への監視を強め、被害情報を集約する仕組みも作った。
 食品の残留農薬については、空港などの検疫所が輸入時に抜き取り検査をしている。事件当時、加工度の高い冷凍食品は検査が難しいとして対象から外れていたが、厚生労働省は事件後の2008年度から対象に含めた。担当の食品衛生監視員も増員した。
 ギョーザ事件発覚の際、情報共有の在り方も問題となった。最初の中毒事件は07年12月末に千葉市で起きた。その後、翌1月に兵庫県と千葉県で計2件発生。地元保健所や警察の情報は国に伝わらず、さらに省庁間でも共有されなかったため、事件の公表と商品回収は同月末となり、被害を拡大させた。
 「縦割り行政」への強い批判は、消費者庁が誕生するきっかけの一つとなった。昨年9月の発足後、自治体や省庁は消費者の身体や生命にかかわる情報を消費者庁に報告することが義務付けられ、一元化されることになった。
 消費者庁は製品事故や食中毒の発生を毎週公表し、関係機関に伝えて対応を要請。情報の滞留防止と対応の迅速化を図っている。 

【関連ニュース】
化粧品「NYX」で措置命令=原産国を誤表示
子供向けアクセサリーから鉛検出=誤飲注意、呼び掛けも
食品安全庁を設置へ=国民の安心重視
こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け
日本人ツアー客が機内で腹痛=離陸直前に発症、24人入院

アナウンサー直伝講義術、京大教員にDVD(読売新聞)
足利事件 「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙(毎日新聞)
モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)
[PR]
# by ept1pk6gje | 2010-03-31 05:25
 衆院外務委員会は26日午後、日米間の核持ち込みなどの密約問題に関し、4月2日に我部政明琉球大教授ら4人の専門家を呼び、参考人質疑を行うことを決めた。 

【関連ニュース】
来月、「密約」専門家に質疑=谷内前次官も調整
密約文書紛失で調査委=有識者交え、実態解明
現役幹部の責任論浮上も=密約文書「破棄」、実態解明へ
「密約文書破棄」か調査へ=関係者から聴取も
参考人質疑の要旨

<センバツ>向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
<京都大>卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)
<爆発>深夜のトヨタ工場で作業中 1人軽傷 愛知・みよし(毎日新聞)
4万年前に未知の人類か=ロシア南部洞穴に小指の骨−DNA解析で主張・国際チーム(時事通信)
<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)
[PR]
# by ept1pk6gje | 2010-03-28 00:34
 日本のファッションを世界に発信する官民一体の「第10回 東京発 日本ファッション・ウイーク(JFW)」のメーン事業、東京コレクション(東コレ)が23日、東京・六本木の東京ミッドタウンなどで始まった。

 26日までの4日間、東京を拠点とする計44ブランドが2010〜2011年秋冬の新作を披露する。

 初日の東コレは、トップバッターの「エントプティック」(松本渉、柿沼健太)でスタート。華やかな雰囲気の中、会場に詰めかけた報道陣やバイヤーら約300人が秋冬の新作を堪能した。

 期間中は限定スイーツの販売やJFW参加デザイナーによるフリーマーケットなど、一般来場者向けのイベントも開かれる。

【関連記事】
東コレピンチ 事業仕分けで予算激減
10年春夏東京コレクション 個性的な味わいお試しを
東京コレクション、独自性で逆風乗り切る
国後でファッションショー 島民の心に問う領土問題
“正念場” 東コレ、ガールズコレクション総括

リコール済み生ごみ処理機が発火=ヤンマー、他社製品と無償交換へ
普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」 福島氏は「県内」容認示唆(産経新聞)
福岡・切断遺体、被害女性に交通事故トラブル(読売新聞)
<障害者自立支援法訴訟>国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?(産経新聞)
[PR]
# by ept1pk6gje | 2010-03-26 17:19
 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の約2000人が国や熊本県、原因企業チッソに損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁が示した和解所見(和解案)について、国や県などが受け入れる方向で検討していることが18日、分かった。原告側も前向きに検討、29日に開かれる次回協議で和解成立の可能性が高まった。
 環境省幹部は18日午前、「問題解決に向け、地裁の和解案を軸に検討している」と述べた。
 鳩山由紀夫首相も15日、「(和解案を)十分検討すべきだ。全面解決に向けて努力するとの基本的方針にのっとって検討したい」と発言。水俣病犠牲者慰霊式がある5月1日までに救済手続きを開始させるという政府目標を踏まえ、早期決着を目指す考えを強調した。
 ただ、和解案で示された療養手当や医療費自己負担分などの支給には財政支出が必要なため、政府は財務、環境両省をはじめとした関係省庁間の協議を急いでいる。
 県は、和解案の内容を「重く受け止める」とし、受諾姿勢を表明。蒲島郁夫知事が24日の県議会で正式表明する見込み。チッソは近く役員会を開き判断する方針だ。
 一方、原告側は17日夜、水俣市内で弁護士と患者会の幹部らが会合を開き、和解案について話し合ったが、反対意見は出なかったという。原告側は28日の原告団総会で和解案受け入れの是非を正式決定する見通し。 

【関連ニュース】
水俣病和解案、十分に検討=鳩山首相
一時金210万円、国は療養手当=患者認定は「第三者委」
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向

自民・谷垣総裁「極めて独裁的」…民主解任方針(読売新聞)
52歳小学教諭が卒業式練習で暴言「6年生は粗大ゴミ」(スポーツ報知)
阿久根市長、一般質問も欠席…市議会流会に(読売新聞)
<千葉法相>性別変更夫婦の子、「法的措置を検討したい」 (毎日新聞)
産科補償制度、原因分析報告書を公表(医療介護CBニュース)
[PR]
# by ept1pk6gje | 2010-03-24 13:05