すべて賭けた男の記録


by ept1pk6gje

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 神戸市中央区の神戸地裁正面玄関で25日夜、焼身自殺を図った兵庫県三田市の無職の男性(85)について、生田署は26日、男性が搬送先の病院で死亡した、と発表した。

 男性は、「カバンの中に遺書がある」などと叫びながら、プラスチック容器に入っていた液体をかぶり、火をつけており、国を相手取った民事訴訟を同地裁に起こしていたとみられ、「判決に納得いかなかった」と話していたという。

【関連記事】
児童をかなづちで襲撃、5人けが ガソリンかぶって焼身自殺 中国
焼身自殺か?2人死亡 大阪・大東の民家
覚醒剤紛失「誤解」だった可能性 自殺の警部補
相次ぐ中学生の自殺なぜ 対人関係が苦手?
のろわれている? 中国携帯メーカー、若者7人次々転落死 
虐待が子供に与える「傷」とは?

<愛知県医師連>各党から参院選出馬予定の3人 同列に推薦(毎日新聞)
N700系さくら、800系つばめ…8月に最初で最後の九州新幹線見学会(産経新聞)
「鳩山5月退陣」説 なぜかトーンダウン(J-CASTニュース)
民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)
民族の矜持を踏みにじる…NHKこそ「人間動物園」ではないのか(産経新聞)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-05-27 11:47
 ドイツで13日開幕したアマチュア自動車レースの最高峰「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に、昨年ドライバーとして参加したトヨタ自動車の豊田章男社長(54)は、周囲の反対などに考慮し、出場しなかった。現地でチームを応援し、レースの様子や思いをブログで発信する。

 ◇「万が一のことあったら……」

 豊田社長は「自分も車を評価できるようになりたい」と、副社長時代に国際C級ライセンスを取得。07年にはトヨタチームとともに同耐久レースに初出場し、「ワクワクする車を作っていこう」という持論をレースで社員に伝えてきた。社長に内定していた昨年は、開発中のスポーツカー「レクサスLFA」のハンドルを握り、チームの完走に貢献した。

 しかし今年は、LFAの開発がほぼ終わったうえ、「社長に万が一のことがあると社業に支障を来す」(役員)と周囲が出場に猛反対。豊田社長は、新型車開発の社内の意識改革も進んだとみて、出場のチャンスを若手に譲ることにしたという。【宮島寛、鈴木泰広】

【関連ニュース】
<トヨタとレース>トヨタ、F1完全撤退 豊田社長の会見詳報
<トヨタとレース>スーパーGT:石浦組が完勝、トヨタ勢で表彰台独占 第3戦
<トヨタとレース>写真特集!トヨタF1カーの歴史
トヨタ:ジーズ第1弾、6月30日発売 豊田社長が発案
トヨタ:2期ぶり営業黒字1475億円 3月期

赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
社会福祉法人が不法投棄の疑い…処理委託空き瓶(読売新聞)
強盗に自転車投げた!乗って逃げられた(読売新聞)
<和服レンタル>「高額キャンセル料違法」消費者団体が提訴(毎日新聞)
始祖鳥の化石を化学分析=最新技術で構造解明へ−英米チーム(時事通信)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-05-18 14:00
 ある女性が妻に電話で言った。「政権も始まったばっかりだからと思って我慢してきたけど、もう我慢できないわ」。突き放すように鳩山由紀夫首相を切り捨てるその言い方に、妻も驚いたという。

 昨年8月30日の衆院選での「政権交代」。この価値を強く感じていた有権者たちも、ついに「さじを投げた」。

 米タイム誌が5月10日付の特別号で発表した「世界で最も影響力のある100人」に、鳩山首相が選ばれたニュースも悲しく響く。

 民主党が掲げる「政治の主導」などは達成できていないが、「事実上、一党支配だった国から民主主義が機能する国に変えたことは、ほめる理由として十分だ」とタイム誌。だが、これも同誌が用意した「花道」と読むことができる。

 「鳩山論」は新しいフェーズに入った。

 これまでは「鳩山はどうすべきか」という議論をしてきたが、これは、もう必要なくなった。

 新しい「鳩山論」は、「鳩山の失敗から何を学ぶか」だ。

 最大のものが、鳩山首相が去ったあと、米軍普天間飛行場の移設問題がどうなっているか、だ。

 話をここまでグチャグチャにした上で、途中で放り出されたら、民主党の後継政権にとっても、やっかいこの上ない。

 鳩山首相の残務は、これから1カ月間で、普天間問題で「次期首相に何を引き継ぐか」に絞られている。

 鳩山首相に残された道は、現在持っている腹案(?)で、鹿児島と沖縄などで「土下座」して回ることしかないだろう。土下座を続けて、最後には、自らの進退と引き換えに、地元に飲んでもらう。

 おそらく、昔の普天間問題の経緯をみれば、最後に鳩山首相には「15年以内に別の場所に移すから、暫定案として受け入れてくれ」という言い方をする以外に残されていないだろう。

 なんとか、せめて、そこまではたどりついてもらいたいものだ。

 さて、「新しい鳩山論」である。

 暫定案であっても、鳩山首相が普天間問題に区切りをつけて退陣した場合には、次期首相は「足場を固める」必要がある。

 次の首相は、冒頭の女性の言葉をかみしめてほしい。これは2つの意味がある。鳩山首相はダメだというのは表の意味だが、本当の彼女の気持ちは「ある程度は、待ってあげたい気持ちはあったのに」ということだ。

 新政権とマスコミの関係が良好なのは、政権発足から100日間のハネムーン期間だけと米国ではいうが、日本の有権者はもう少し優しい。半年やそれ以上でも待ってくれるだろう。

 次期首相は、鳩山政権から仕切り直しをする。だが、そこから一気に支持率を回復しようと、あれこれ言ってはダメだ。これもやります、あれもやりますでは、鳩山首相の二の舞になる。

 この意味で、次期首相にもっとも近いと言われる菅直人副総理・財務相は、少なくとも鳩山首相の後継の首相には「不適任」だと思う。先のことをあれこれ、早めに言い過ぎるからだ。

 鳩山首相の教訓のもう一つ重要なのは、内閣の調整機能を再構築する方法だ。調整できる人材を、中心にしっかり配置することだ。政府内の調整力の欠如は目に余る。政務秘書官や官房長官、官房副長官、党幹事長人事は大切だ。身内で押さえようとするのではなく、政権の意味と、なすべきことをしっかり説明して、相互に調整し、連絡し合う政権の基本的な態勢を作り上げる必要がある。

 「それぐらいのことは忖度(そんたく)しろ」という態勢が、今の民主党政権で機能しないことは明らかだ。しっかり説明して話し合い、方針を決めて、指示をする態勢が必要なことは明白だ。

 鳩山首相自身の言葉のように、民主党政権がある種、革命的なことをやろうとしているのは事実だ。だからこそ運営には、細心の注意が必要だ。

 実は、次期首相と、次期内閣の面々に残された時間は少ない。

 頭を低くして、政権批判の暴風雨をやり過ごそうとしたり、「私は自分の責務を淡々とこなします」と省庁業務に没入するのではなく、「新しい鳩山論」、つまり、鳩山政権の教訓をしっかり整理する時期に入ったということを肝に銘じるべきだろう。(金子聡)

【関連記事】
「鳩山首相の県外移設約束は軽率」 たちあがれの平沼氏が批判
首相、普天間問題で官房長官と対応協議
県内移設表明の評価避ける 米国務次官補
糸口すらみつからない…解けぬ「友愛数」の呪縛
首相沖縄訪問 もはや現行計画しかない
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

被爆者、NY40か所で「黒い雨」など体験語る(読売新聞)
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」(産経新聞)
阪急元会長、宝塚元理事長、小林公平氏死去 82歳(産経新聞)
前原氏に米期待「普天間、局面打開へ役割を」(読売新聞)
指揮者・ゲルハルト・ボッセ 88歳が紡ぐ“みずみずしい音楽”(産経新聞)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-05-07 13:59