すべて賭けた男の記録


by ept1pk6gje

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 (13:50〜14:10)

 《小泉毅被告(48)の弁護人が、最終弁論書の読み上げを続けている。弁護人はこれまで、小泉被告が犯行当時、心神喪失や心神耗弱に該当するとの主張を繰り広げてきた。続いて小泉被告に襲われて重傷を負った、元厚生次官の吉原健二さんの妻、靖子さんについて触れていく》

 弁護人「被告人は、吉原さん方に侵入し、妻の靖子さんの胸を突き刺しましたが、遂行を中断しています。中止未遂が成立すると考えています」

 《「中止未遂」とは、犯人の意思で犯行を中止することで、刑法では、減刑または刑が免除されることになっている。検察側の主張では、小泉被告に襲撃された靖子さんは、いったん尻もちをついた後、立ち上がって逃げ、追いかけて刺そうとする小泉被告から逃れたとされる。弁護人は、この主張を否定し、小泉被告が自分の意思で犯行を中断したと主張した》

 弁護人「靖子さんが尻もちをついたことに争いはありません。被告は、その時間は3、4分と言っています…。見知らぬ男に胸を刺され、尻もちをついたとき、間髪入れずに体勢を立て直すとは、にわかには信じられません…。被告人の(3、4分という)認識の方が、客観的裏付けがあります」

 《続いて、靖子さんが命ごいをした状況について触れる》

 弁護人「被告人にとって予想外のことが起こりました。靖子さんは『すいません、ごめんなさい』などと命ごいをしたのです。被告人には『プライドの高い元厚生次官の妻が命ごいをするはずはない、家政婦ではないか』という疑念が生じ、『何としても殺害をやり遂げたい』と思う一方で『許してやろうか』とも思いました…。被告の中では、『予定通り殺せ』という意思と、『助けよう』という意思がぶつかりあい、混乱したといえます」

 「検察官は『被告人が靖子さんを追いかけた』と言いますが、靖子さんは、そのことを認識していません。その時、被告人は元次官が屋内にいるのかに関心を持っていたのであり、追いかけたわけではありません…」

 「以上のことから、『中止未遂』が成立すると考えます。仮に成立しないとしても、命ごいを前にしたためらいは、被告に人としての心情が存在することを示しており、死刑回避の要素になります」

 《ここで、弁護人は一息ついた。次は「自首の評価」についての主張だ。小泉被告は事件発覚後、自ら警視庁に出頭している》

 弁護人「被告人が出頭した時点で、一連の事件について、被告人が犯人であるという証拠はなく、目撃者もいませんでした。出頭しなければ、検挙に至らなかった可能性が極めて高かったのです」

 「被告人は出頭の際、凶器などをすべて持参し、その後の聴取に対しても、隠すことなく行為のすべてを話しています。自首により、犯行の全容が容易かつ短期間に判明しているのです…。本件では、自首による裁量的減刑がなされるのが相当と考えます」

 《小泉被告は、両手のひらを太ももの上で組んで、黙って弁護人の読み上げを聞いている》

 弁護人「最後に、被告が人間性を失っていない、ということです」

 《弁護人は、小泉被告が犬好きであることや、公判でみせた人間性をうかがわせる言動を再現することで、情状を訴えていく》

 《小泉被告は、騒音トラブルで建設会社の社長宅にクレームをつけに行った際、犬の名前入りの表札を見つけ「犬をかわいがる人は悪い人ではない」と思ったという。また、公判でも、被害者の靖子さんも犬好きであると聞かされ、「今は考えないようにしている」と答えている。弁護人は、そうした証言を振り返りながら、小泉被告の中にある“良心”を裁判官らに印象付けようとしていく》

 弁護人「被告人は、血の通った人間性を豊かに持っています。それが外に出ないよう、無理に押し込めている。かたくなで切ない姿勢が見て取れます…」

 《続いて弁護人は、被告人質問で、愛犬チロについて問われた際、小泉被告がみせた言動を振り返った。小泉被告は公判でチロの話をした際、言葉を詰まらせたり、自分で自分のほおをたたいたり、大きく動揺している》

 弁護人「このときの被告の心情は、極めて純粋だったことは、供述態度から明らかです。実は、被告の内面は、切れば血がほとばしるほど熱いものであり、それが外に出ないよう、押し込めているのです…」

 《公判の様子を詳細に再現する弁護人。小泉被告は黙って聞いているが、心なしか耳が赤く染まっているようにも見える》

 弁護人「極悪非道な犯行といいますが、被告人は無理をして、極悪非道なふりをしている、というのが正確です。その弱さは、靖子さんの命ごいを前にして、あらわになっています」

 =(下)に続く

【関連記事】
元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(上)被告は心神喪失か耗弱 弁護人、検察側鑑定を厳しく批判
元厚生次官ら連続殺傷事件 きょう結審
元厚生次官ら連続殺傷 論告要旨(下)「極悪非道で一分の同情の余地もない」
元厚生次官ら連続殺傷 論告要旨(上) 「残忍極まりない凶悪な犯行」
元厚生次官ら連続殺傷 「マモノとは何か」とただす裁判官 被告は「あだ討ちだった」

プリウス所有者困惑 「対応遅い」不満も(産経新聞)
<SL>「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原(毎日新聞)
ANA副操縦士“免許証”置き忘れ、3便に遅れ(読売新聞)
<訃報>宍戸福重さん96歳=元富士電機製造社長(毎日新聞)
「『記録ある』と検事が虚偽説明」=石井議員への「報告電話」−厚労省元部長が証言(時事通信)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-15 03:07
 大型リゾート施設「ハウステンボス」(HTB、長崎県佐世保市)の再建問題で、旅行業大手のエイチ・アイ・エス(HIS、東京都新宿区)は12日朝、HTBを経営支援することを決めたと発表した。同日午後、同市で会見する。

【関連ニュース】
ハウステンボス:支援機構の活用検討 国交相
ハウステンボス:HISが管財人に「再建支援難しい」
HIS:ハウステンボス支援に慎重姿勢 株主総会
ハウステンボス:HISが支援に名乗り 管財人と協議へ
ハウステンボス:恒例の年越しイベントに1万5000人

書の甲子園 校名プラカード揮毫も真剣 岡山・明誠学院高(毎日新聞)
<内閣府世論調査>死刑容認が85.6%で過去最高に(毎日新聞)
「小沢氏、説明責任果たしている」…首相(読売新聞)
<衆院予算委>公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
ツイッターつぶやきが意外な波紋 「貴乃花投票者だれか取材競争」(J-CASTニュース)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-13 06:19
 山梨県富士河口湖町で新聞販売店女性従業員が殺害された事件で、県警富士吉田署捜査本部は8日、強盗殺人容疑で指名手配していた元同僚で甲府市中小河原1、飲食店員、田中龍郎容疑者(57)を逮捕した。田中容疑者は「そんなことはしていない」と容疑を否認しているという。

 容疑は1月31日ごろ、同町船津の平尾恵美子さん(61)の自宅で平尾さんの首をビニールひもで絞めて殺害し、現金数十万円を奪ったとしている。

 捜査本部によると、田中容疑者は以前、平尾さんと同じ新聞販売店に勤務。田中容疑者から任意で事情を聴いていたが、5日に行方が分からなくなった。同日、遺体の着衣に付いていた遺留物のDNA型が田中容疑者と一致したため指名手配。山梨県警の捜査員が8日午後1時50分ごろ、静岡市清水区の温泉宿泊施設で見つけた。【中西啓介】

【関連ニュース】
山梨殺人:新聞販売店員殺害容疑 知人の男を指名手配
殺人:新聞販売店員が自宅で殺される…山梨・富士河口湖
山梨・富士河口湖の新聞店員殺害:知人の男を指名手配−−県警
富士河口湖の新聞店員殺害:元同僚の男、指名手配 県警、事件直後から聴取 /山梨
富士河口湖の新聞店員殺害:食後4〜6時間後殺害か 犯人、玄関から侵入? /山梨

「橋下党」今春にも結成…大阪府市再編支援(読売新聞)
代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに(産経新聞)
死刑容認、過去最高の85・6%…内閣府調査(読売新聞)
雪 交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
【中医協】先発品より高い後発品は16品目―厚労省が公表(医療介護CBニュース)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-12 11:11
 日本でも人気がある韓流スター、イ・ソジンさん(37)が4日、「一日青森県知事」を務めた。県産品をPRする青森市内のイベントに参加し、ファンら約700人の熱い視線を浴びた。

 イさんは「青森が大好き」(本人)で、1月に初めて訪れて三村申吾知事を表敬した際、一日知事を持ちかけられて快諾。韓国との親善交流や青森の情報発信に一肌脱ぐことになった。

 イさんにとって青森の魅力は「雪」。三村知事が「除雪費が大変」と伝えたが、後で「雪に降られたくて昨日は街に出かけました」と話し、どこ吹く風。雪国を愛する心は現職知事に負けていなかった。【後藤豪】

盛りだくさん「恵方」行き列車、1年の福願う(読売新聞)
【中医協】感染防止対策加算などを新設(医療介護CBニュース)
司法過疎地で相談千件、29歳弁護士奮闘(読売新聞)
天皇陛下、ノロウイルスに感染…経路は不明(読売新聞)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か−山口・美祢(時事通信)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-11 06:14
 井坂栄さん67歳(いさか・さかえ=前イトーヨーカ堂社長)7日、多臓器不全のため死去。葬儀は11日午前11時半、東京都文京区大塚5の40の1の護国寺桂昌殿。喪主は妻芳子(よしこ)さん。

<国民生活センター>理事長が任期途中で辞任 後任は公募(毎日新聞)
<将棋>谷川、三浦が首位 追う郷田ら4人 A級順位戦(毎日新聞)
街角景気、2カ月連続改善=基調判断は据え置き−内閣府(時事通信)
<殺人未遂容疑>サンタ姿で暴行、放火 43歳の男を逮捕(毎日新聞)
<黄砂>飛来情報のHP 環境省が開設(毎日新聞)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-10 06:30
 宮内庁は8日、ノロウイルスによる急性腸炎のため、2日からお住まいの皇居・御所で静養されていた天皇陛下が体力的に万全でないため、大事を取って今週の予定を一部変更すると発表した。陛下は8日朝の時点で平熱に戻っており、回復が進んでおられるという。

 陛下は10日に皇后さまと世田谷美術館(東京都世田谷区)で、「内井昭蔵の思想と建築展」の鑑賞を予定されていたが延期する。東京ドーム(東京都文京区)で12日に皇后さまとご覧になる予定だった「世界らん展日本大賞2010」は、皇后さまがお一人で臨まれることになった。皇居でのご公務などはおおむね予定通り行われるが、11日の宮中三殿のご拝礼は代拝とする。

 宮内庁の風岡典之次長は8日の定例会見で「(変更する行事は)内容や実施場所を考慮して選んだ」と説明している。

【関連記事】
陛下の症状落ち着く ノロウイルスで急性腸炎
天皇訪韓には「過去への確かな反省」必要 韓国首相
夕方閣議で陛下にご負担 官房長官「宮内庁と相談して対応したい」
「陛下に負担ないよう対応したい」 閣議の夕方開催で平野官房長官  
天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 書類が来ない…

米国務次官補が小沢氏に訪米を要請(産経新聞)
<脳細胞>「ひげ」は右回り 左右の脳に非対称性 理研、大阪大チームが解明(毎日新聞)
収納率、過去最低の88%=08年度の国保保険料−厚労省(時事通信)
呼吸器チューブ外れ、入院の70代女性死亡(読売新聞)
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意(医療介護CBニュース)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-09 12:15
 重度の障害がある男性が担当の介護士から暴行を受けた事件で、警視庁武蔵野署は8日、男性から金を脅し取ったとして、恐喝容疑で、埼玉県川口市安行領根岸、介護士山村克嘉容疑者(40)=傷害罪で起訴=を再逮捕した。
 同署によると、「生活費に充てたかった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は昨年7月から同10月の間、9回にわたり、手足に重い障害のある東京都武蔵野市の無職男性(50)に金を要求し、現金や振り込みで計約28万円を脅し取った疑い。 

【関連ニュース】
恐喝容疑で再逮捕=女性と子供連れ回しで逮捕の男
出版社の営業所員ら逮捕=同和団体装い高額書籍販売
山口組総本部を捜索=下部組織幹部の恐喝事件で
山口組弘道会本部を捜索=恐喝事件との関連捜査
逃走容疑者手助け、3人逮捕=自宅泊め車に乗せる

名古屋ひき逃げ 運転の男を逮捕 危険運転致死容疑など(毎日新聞)
子供部屋、どう与える? 声掛けやすい“自立の空間”に(産経新聞)
漁船銃撃 被弾の2隻、銃痕を隠す 事実を隠蔽か(毎日新聞)
運転のブラジル人を逮捕=危険運転致死容疑で指名手配−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
初積雪 東京都心でうっすら 松本や前橋も(毎日新聞)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-08 18:56
 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金報告書の虚偽記載事件で、東京地検は小沢幹事長を不起訴処分にした。これで、小沢幹事長は、政治資金規正法にからんで刑事責任を問われることはなくなった形だが、一夜明けた新聞各紙の社説などを見ると、総じて「政治責任」を問う声が目立ち、小沢幹事長の辞任を求めたり、国会での証人喚問を要求したり、といった具合に極めて厳しい論調が目立つ。

 各紙が共通して問題視しているのは、大きく(1)土地購入資金の流れが不透明なままで、説明責任が果たされていない(2)刑事責任はともかく、政治的・道義的責任は重い、という2点だ。

■朝日、読売、毎日、日経とも政治責任問う

 例えば、朝日新聞は「このまま続投は通らない」と題して、

  「不起訴が決まった以上、『捜査中』を理由に野党が求める参考人招致を拒むのはつじつまが合わない」

と、国会で説明責任を果たすように求めた上で、

  「より重大なのは、政治的、道義的な責任である」
  「小沢氏がこれらの責任を果たすことができないのであれば、潔く幹事長を辞任するべきである」

と、事実上の辞任要求をしている。

 日本経済新聞は、「不起訴でも小沢氏の責任は非常に重い」と題する中で、世論調査の結果を紹介しながら、「小沢氏が十分な説明責任を果たしているとは言えず、幹事長続投は有権者の理解を得られまい」と、やはり幹事長辞任を求めた。

 毎日新聞も「政治責任は免れない」と題して、説明責任が果たされていない現状を批判。朝日新聞と同様に「野党が求めている国会での参考人招致などにも進んで応じるべきだろう」としたものの、進退については触れていない。

 読売新聞は「重大な政治責任は免れない」と、毎日新聞と同様の見出しで、

  「国会議員と秘書は本来、日常の政治活動から資金集めまで、一心同体の関係にある。一連の事件で起訴されたのは、すべて議員秘書だが、『トカゲの尻尾切り』を続けることは許されない」

と、議員本人の責任を追及しにくい現行の法制度にも問題があるとの主張を展開。

■産経新聞は「証人喚問すべきだ」と主張

 さらに、

  「一連の事件報道に対し、民主党や支持者などから、検察の意図的な情報漏洩に基づくものではないか、という批判もあった。これは誤解である」

と、いわゆる「検察リーク批判」に反論した。

 もっとも小沢氏批判の論調が明確なのが産経新聞で、1面には社会部長名で「ほくそえむのはまだ早い」と題したコラムを掲載し、社説にあたる「主張」の欄では、国会は小沢氏を証人喚問すべきだとの主張を展開する一方、「期待を裏切った検察」との中見出しを付け、

  「問題は、小沢氏の不起訴が国民や社会に与える負のイメージの大きさである」
  「今回も、権力中枢の人物の違法行為は見逃された格好になった」

 小沢幹事長の起訴を断念した検察にも矛先を向けている。

 現状で小沢氏を支持している紙メディアは、夕刊紙「日刊ゲンダイ」ぐらいで、同紙は2月5日の紙面では「晴れて無罪の小沢一郎に期待する声」などと題して、小沢氏擁護を続けている。


■関連記事
小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか : 2010/01/18
小沢幹事長ポンと4億円? これほどお金が集まるカラクリ : 2010/01/08
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」 : 2010/01/21
小沢一郎改造計画 「聴取」と「言行不一致」の関係 : 2010/01/23
プレゼン専用紙でビジネスチャンスをつかめ! : 2010/02/04

<掘り出しニュース>さよなら「くのいち号」 7日にイベント(毎日新聞)
神奈川県教委、不起立教員の氏名収集を継続(産経新聞)
新潟水俣病訴訟 和解目指す(産経新聞)
ねずみ講運営の3人起訴=関連会社役員は不起訴−京都地検(時事通信)
<日本国籍喪失条項>フィリピンの子供4人「違憲」と提訴(毎日新聞)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-07 19:52
 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は2日の記者会見で、今国会に提出する国家公務員法改正案に、局長級から部長級への降格規定を盛り込むか否かに関し、「ありうるという前提で検討する」と前向きな姿勢を示した。改正案には次官級から局長級への降格を盛り込むことを既に決めている。部長級への降格規定は公務員の身分保障の問題にかかわるため難しいとされており、論議を呼びそうだ。【小山由宇】

<バレエ>15歳・佐々木さんが3位入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
「院内がん登録」予後調査に「特段の配慮を」−厚労省・がん対策推進室(医療介護CBニュース)
独製ベビーカーでも指挟む恐れ、カバー配布(読売新聞)
全国の「市」と「町」、同数の784に(読売新聞)
子ども手当満額困難に=峰崎財務副大臣も表明−11年度以降(時事通信)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-06 23:34
 4日午前1時ごろ、大阪市阿倍野区松虫通の路上で、同区に住む飲食店店員の女性(30)が自転車の鍵を開けようとしゃがみこんでいたところ、後ろから男に口をふさがれ「殺されたくなかったらしゃべるな」と脅された。男は女性の持っていた現金約3万2千円入りのかばんを奪い、自転車で逃走。阿倍野署が強盗容疑で行方を追っている。

【関連記事】
大阪・箕面のスーパーで女性刺される、男は逃走
無銭飲食強盗で無職男を再逮捕 大阪・生野区
大阪・堺で2人組タクシー強盗
車内に2人組の男、カーナビ奪い逃走 大阪・岸和田
DVD店で緊縛強盗、65万円奪う 大阪・生野

国際線は1社体制で=JAL再建で−峰崎財務副大臣(時事通信)
<南城市長選>現職の古謝景春氏が再選(毎日新聞)
暴力団幹部射殺事件 タクシー運転手を殺人で再逮捕へ 警視庁(産経新聞)
石川議員逮捕、法相に事前報告(時事通信)
接種後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
[PR]
by ept1pk6gje | 2010-02-06 03:50